日本語教育能力検定試験のメリットデメリット

日本語教師になるためには、三つのルートがあります。


日本語教師養成講座で学ぶ方法や大学・大学院で学ぶ方法。日本語教育能力検定試験に合格する方法の三つです。

日本語教育能力の検定について知りたいならこのサイトです。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、各々説明していきましょう。日本語教師養成講座の420時間コースなら終了後は有資格者で、講座には夜間・週末コースなど多彩にあります。

日本語学校が併設されているのなら、実習が充実したものとなり学校によっては就職のお世話もしてくれるところもあります。
しかし受講料は決して安くはなく、学校によって考え方がまちまちで、授業については結構ハードな面を持っています。

大学や大学院の場合、4年制大学で日本語教育課程を修了すれば有資格者で、理論をじっくりと体系的に学ぶことが可能です。



修士の取得でより活躍の場が広がり、カリキュラムもどんどんと多彩になってきています。しかし卒業したからと言ってすぐ日本語教師になれるとは限らず、実習を十分にできる大学を見つけるのが大変です。
受験があるというのもネックの一つとなります。

日本語教育能力検定試験は、独学でも受験ができ就職には備えておいたほうが無難な検定試験です。


合格することで活躍の場が広がりこの検定試験の合格と実践経験で、日本語教師になる近道となります。



しかしこの日本語教育能力検定試験に合格しても、これだけでは実践に弱く独学での合格は、結構大変なものとなっています。


情報交換に不可欠な、人脈に弱いといった点を持っています。