日本語教育能力検定について

日本語による教育を行える人材を有するということを認めてもらうにあたっては検定に合格する必要があります。

日本語教育能力の検定について詳しく説明しています。

公益財団法人日本国際教育支援協会が実施している試験には日本語教育能力検定があります。

この検定は、将来日本語の教師になりたい人やすでに日本語教師として働いている人を対象にして日本語教育の専門家として認められる人材を輩出することを目的に設けられました。



ただ、試験そのものには制限が特に設けられているわけではありません。
受験資格は、学歴や年齢など特に制限せずに誰でも受けることができます。
日本語教育能力検定試験の合格率は、平成27年度試験の場合では合格率22.8%が合格して日本語教育能力があると認められています。

しかし、決して試験そのものは易しいというわけではありません。出題範囲が広いため、なかなかてこずる人もいます。



それなりの勉強量が必要となるほか、リスニング試験も存在するに専用の対策が必要となります。
試験は三部構成となっており、試験?が90分で100点満点の問題構成です。

ここでは、日本語教育の実践につながる基礎的な知識を測定する目的で行っています。


試験?は30分で40点満点の問題構成となっており試験?で求められる基礎的な知識のほか試験?で求められる基礎的な問題解決能力について、リスニングで測定する形式の試験です。


試験?が120分で100点満点の問題構成となっており、熟練した日本語教員が有する現場対応能力につながる基礎的な問題解決能力を測っています。受験料は10、600円となっており、比較的安価で受けられます。