• 時代とともに移り変わっていくおせち料理

    お正月の定番といえばおせち料理です。
    様々なおかずを重箱に詰め、その様子は芸術品のようです。
    おせち料理の始まりは神様に捧げる供物から来ていると言います。
    そのため、その具材一つ一つに意味があり、ゲン担ぎがされています。商売繁盛や家内安全、様々な運気上昇などゲン担ぎは様々です。

    おせちの有益な情報をお届けします。

    また地域によって詰められる具材が変わるため、その地域特有の願掛けがされているものもあります。


    かなり違いがあるので、それぞれの地域の物を見比べてみるとなかなか面白いです。昔は年末年始はお休みのところが多かったので、年末におせち料理を各家庭で作っていました。



    お正月の間調理を休むために保存性に優れた調理がなされています。

    ところが近年は年末年始になっても仕事を休まない会社が増えてきました。

    また共働きの改定も増えて忙しくなりました。



    おせち料理も作っている時間が取れなくなり、百貨店などで販売されているものが広く流行するようになりました。百貨店で販売されているものには様々な種類があります。

    一人用の小さなものから高級料亭が手掛けたものもあります。


    中には洋風の物や、その店の特色を前面に出したものもあり、おせち料理の定義が変わってきています。


    かつては神様への願い事が込められていた料理でしたが、現代になってお正月のお祝いには好物の高級品を食べるという人も増えてきました。

    時代のニーズに合わせて料理の内容が変化していくのも伝統料理の宿命です。